{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

清水裕貴『岸』

残り3点

5,500円

送料についてはこちら

出版社:赤々舎 ブックデザイン:上西祐理 サイズ:H200mm × W300mm ページ数:136p + 別丁16p 製本:ソフトカバー 発行:2023年12月 ISBN:978-4-86541-178-2 ※カバーに少し折れあり 写真と言葉の波打ち際に、永遠が立ち上がる 長く待たれていた清水裕貴の初写真集。十年に渡る水辺をめぐる旅は、写真と言葉の重層を通して、新しく風景を立ち上がらせた。 水と人の関わりから生きている時間を問い直し、水の循環に巻き込まれている存在の切実な物語を探る。 写真によってつくり出された抽象的で不思議な時空と、言葉の世界、黴と埃の関与 ── それらが合わさって、ここであってここでないどこか、失われた人に会える場所、異なる時間が同時に存在する空間が現れる。 皮膜感の表紙を潜り、撓うページの光とともに、たたずむ影が語りだす。岸辺の写真集。 (出版社紹介文より)

セール中のアイテム