{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

山上新平『Epiphany』(サイン入り)

残り1点

3,300円

送料についてはこちら

限定900部(サイン、エディションナンバー入り) 写真・言葉:山上新平 編集・造本設計:町口覚 デザイン:清水紗良(MATCH and Company., Ltd.) 判型:縦257mm/横182mm 頁数:本文32頁 写真点数:31点 仕様:並製本糸中綴じ 発行:bookshop M 東京都写真美術館で2023年10月27日から2024年1月21日まで開催される「見るまえに跳べ 日本の新進作家 vol.20」に合わせ山上新平作品集『Epiphany』を刊行します。 2022年7月、初の写真集『Helix』をデザイナーの皆川明(ミナペルホネン)発行により出版、同年11月には、写真集『liminal (eyes) YAMAGAMI』を小社 bookshop Mより出版しました。 (出版社紹介文より) Epiphany 「いつも自分の内側は敏感でいたい。 それは、写真を自分の内側でやるためではない。 自分の外側で写真をやるために。感受するために。 全神経の感度を上げてゆけば、傷を受けてしまうこともある。 でも、それは大したことではない。 眼を閉じれば瞼が癒してくれる。 傷が増えるたびに写真も増えていけばそれでいい。 写真はいつも知らない世界に連れて行ってくれる。 思えば、半狂乱になりながらここまで写真をやってきたように思う。 徹底的に対峙する眼差しから始まって、 今は平凡で単一な時に眼差しが向かう。 それは、疲れて平均的な感度になったからではない。 単純な形態や姿ほど魂の類いがよく感じるから。 定着したはずの写真が動くような生きた写真。 そういう新たなフェーズに差し掛かっていればと願う。」 (山上新平ステートメントより)

セール中のアイテム