other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『病と障害と、傍らにあった本。』

残り2点

2,200円

送料についてはこちら

著者:齋藤陽道、頭木弘樹、岩崎 航、三角みづ紀、田代一倫、和島香太郎、坂口恭平、鈴木大介、與那覇 潤、森 まゆみ、丸山正樹、川口有美子 出版社:里山社 装丁:服部一成 第3刷発行:2022年5月15日 初版:2020年10月25日 ページ数:256ページ ISBN: 978-4-907497-12-5 製本:上製本、カバー帯あり サイズ:四六版 病や障害の名でくくれない、固有の症状や想い。誰かと分かち合うことのできない時間、傍らにあった本とは。 病や障害の名前ではひとくくりにできない、その実情。それゆえにその只中にいる人は、心身のつらさのみならず、誰とも分かち合えない想いに孤独に陥りがちになる。そんな時、外の世界と自分の内とを繋ぐ「窓」となる本は、あったのか。12人の当事者、介護者による、本と病と障害と、生きることにまつわる書き下ろしエッセイ集。 (出版社紹介文より) ■開催概要 石川竜一個展「風土 人間の殻」 雑誌『写真』vol.4「テロワール/TERROIR」刊行記念展 笹岡啓子/田附勝/中井菜央/山口聡一郎/田代一倫/北井一夫 2023年8月3日(木)〜9月3日(日) 火〜金 12:00〜19:00 土・日 12:00〜18:00 休廊:月曜日、夏季休業8月14日(月)〜17日(木) 会場:コミュニケーションギャラリーふげん社 〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12 https://fugensha.jp/events/230803ishikawa/

セール中のアイテム