{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

金川晋吾『いなくなっていない父』(サイン入り)

残り2点

1,870円

送料についてはこちら

出版社:晶文社 発行年:2023年 サイズ:四六判 製本:上製 ページ数:266頁 定価:1,870円(本体1,700円) 978-4-7949-7354-2 気鋭の写真家が綴る、親子という他人 著者初の文芸書、衝撃のデビュー作 『father』にて「失踪する父」とされた男は、その後は失踪を止めた。不在の父を撮影する写真家として知られるようになった著者に、「いる父」と向き合うことで何が浮かび上がってくるのか。時に不気味に、時に息苦しく、時にユーモラスに目の前に現れる親子の姿をファインダーとテキストを通して描く、ドキュメンタリーノベル。 (出版社紹介文より) その後のことを知っている私には、父のことを「失踪を繰り返す父」と呼ぶのはどうしても過剰なことに思える。私がそう思のは、「父がやっていることなんてそんなにたいしたことではないんです」と謙遜するような気持ちもあるが、本当のところは、「父という人は、『失踪を繰り返す』という言葉で片づけてしまえるような人ではないのだ」と自慢げに言いたい気持ちのほうが強くある。――(本文より) ■展覧会概要 『写真』vol.5「フェイス/FACES」刊行記念  3F Gallery   金川晋吾 個展「ハイムシナジー」(1.25—2.11)   Ryu Ika 個展「MOM LAND」(2.15—3.3)  2F Papyrus Gallery   vol.5「フェイス/FACES」口絵作家展   鈴木理策/有元伸也/山元彩香/星 玄人 会期:2024年1月25日(木)〜3月3日(日) 開館時間:火〜金 12:00〜19:00 土・日 12:00〜18:00 休廊:月曜日、祝日(2月23日) 会場:コミュニケーションギャラリーふげん社 https://fugensha.jp/events/240125kanagawa_ryu/

セール中のアイテム