{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

水原紫苑『桜は本当に美しいのか』

残り3点

946円

送料についてはこちら

出版社:平凡社 出版年:2014年 判型:新書 ページ数:288ページ 記紀・万葉の昔から、王朝文学、 能・歌舞伎、近代文学、現代短歌、 そして21世紀の「桜ソング」まで――。 「桜は美しい」という〈美意識〉は、 実は「創られた伝統」であった。 (出版社紹介文より) 「桜は、遠い昔には、人知れず山中に咲いていた花である。桜を人間の俗界に招き入れ、あえかなはなびらに、堪え得ぬほどの重荷を負わせたのは、私たちの罪ではないか。 我に触るるな。 あの春に見た桜は、そう言っていたのかも知れない。」 (「まえがき」より)

セール中のアイテム