{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

野口里佳『不思議な力』(表紙2種)

3,630円

送料についてはこちら

  • 右:卵とコップ

    ¥3,630

  • 左:蔦

    ¥3,630

    残り1点

ブックデザイン:須山悠里 発行:赤々舎 発行年:2022年11月 サイズ: 263mm×228mm ページ数:136ページ 製本:ソフトカバー、スリップケース付き ISBN:978-4-86541-156-0 ※表紙2種、中身同一 写真の「不思議な力」に導かれるように、野口がこれまでに出会ってきた様々な現象や光景 時間や場所も超えていく写真の「不思議な力」 野口里佳はこれまでに、水中や高地、宇宙といった未知の領域と人間との関わりをテーマにした作品を手がけてきました。 近年では、日常や周囲に満ちる無数の小さな謎の探求を通して、見るものの感覚や想像を解き放つような表現を追求しています。 東京都写真美術館での個展「野口里佳 不思議な力」に際し刊行される本書では、30年にわたって自由な写真・映像表現を追求してきた野口の過去の作品シリーズと近作、新作を、それぞれの作品が呼応しあうように構成し、その作品表現に通底する本質と魅力を浮かび上がらせます。 初期作品「潜る人」(1995年)から、「夜の星へ」(2014年、2015年)、そして最新作「ヤシの木」(2022年)まで、時間や場所も超えていく写真の「不思議な力」に導かれるように、野口がこれまでに出会ってきた様々な現象や光景が描き出されます。 また、父が生前に遺していたネガを、野口の眼差しを重ねてプリントした「父のアルバム」(2014年)は、「人はなぜ写真を撮るのか」と写真の根源を問い直す契機となりました。 ここにいて、どこまで遠くに行けるか ── それぞれの存在がこの世界に生きていることの意味を見つめ直し、また写真・映像のもつ「不思議な力」とは何なのかを考えるきっかけとなる一冊です。 (出版社紹介文より)

セール中のアイテム