{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

須田一政『HOLY NIGHT』

残り1点

8,800円

送料についてはこちら

出版社:CHOSE COMMUNE 製本:ハードカバー ページ数:60ページ サイズ:280 x 283 mm プリント:モノクローム 発行年:2022 日本人写真家、須田一政の作品集。本書は、1991年、聖夜(クリスマス・イブ)に、作者が東京で撮影した写真を収録している。 (twelvebooks紹介文より) クリスマスにイエス・キリストに想いを馳せる日本人はどれだけいるだろう。 とりあえずイヴはケーキを買って家庭にかえる、 恋人達は一年で一番ロマンチックな時間を過ごす、 こんな習慣が当たり前になっている。 「バカヤロー、クリスチャンでもあるまいし」 なんて急に仏教徒ぶってみたところでなんだか空しい。 日本にとってクリスマスは「愛」という信仰を確かめる日なのだ。 本来、愛情表現が不器用な国民にとって、これは一種の受難である。 花束を差し出す仕種も西欧のそれとはほど遠い。 受けとる方もうつペコッ頭をさげたりして、会ったとたんにギクシャクしちゃう。 日本人が一番ダサく見えるのは、クリスマスイブなのかもしれない。 そしてこのぎこちなさとともに、人はビルの間の闇に吸い込まれていく・・・ 須田一政 聖夜 1991年 (作家ステートメントより)

セール中のアイテム