{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

深沢次郎写真集『よだか』(サイン入り)

¥4,950 税込

¥30,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

深沢次郎写真集『よだか』 2022年4月1日 初版発行 写真・文 :深沢次郎 俳句:鶴岡一生 翻訳:レベッカ・ジェニスン ブックデザイン:宮添浩司 印刷:渡辺美術印刷株式会社 発行人:渡辺 薫 発行所:ふげん社 製本:和綴じ サイズ:A4変形 ページ数:120ページ 価格:4,500円(税別) ISBN:978-4-908955-15-0 生きることに絶望し 命をかけて夜空を飛び続けた よだか 志半ばに突然逝った友への追想と鎮魂を綴る 深沢次郎は、1968年生まれ、名古屋市出身の写真家です。1992年早稲田大学商学部卒業、写真ワークショップCORPUS第一期卒後、写真家のアシスタントを経て1995年フリーランスとなりました。現在は神奈川県相模原市を拠点に、写真家として活動しています。2004年、2009年にPGIにて個展を開催しています。 本作「よだか」は、3年前の親友の死をきっかけに紡がれました。かつての大学サークルの仲間であり、深沢とともに青春時代を過ごしたその人は、信州に移住し、炭焼き職人として生計を立てる傍ら、ストイックに小説を執筆し、発表していました。彼の住む信州の山奥で、若い頃のように二人で過ごし、遊び、語りあった時間は、囂々と燃え盛る炭焼きの炎、きらきら光る武石川の水面、鮮やかな動物の血肉、かそけき虫たちの営みを通して、美しく蘇ります。 また、彼の死後、胸にぽっかりと空いた穴に飛び込むように、深沢は一人山の中に入り、黙する氷柱、乱舞する月のあかり、恐ろしいほどの満点の星空に向けて、彼の魂の在処を探るようにシャッターを押し続けました。その営為は彼へのレクイエムであり、遺された自身の魂をも救うものでした。 理想を追い求めた文学者であり親友である一人の死への鎮魂として、大自然を舞台に、生命の煌めきの一瞬をみずみずしく捉えた作品です。いっせいにいのちが花ひらくこの季節に、ぜひお手にとっていただけましたら幸いです。 ▼関連図書 写真集『よだか』には、深沢次郎がともに多感な学生時代を過ごし、分身のようだったと語る親友で文学者の鶴岡一生の俳句が写真の間に挟まれています。 農民文学賞受賞受賞作の『曼珠沙華』や短編集『まほろば夢譚』などの装幀にはいずれも深沢の写真作品が使用されています。 ・鶴岡一生『曼珠沙華』 https://fugensha-shop.stores.jp/items/6256989bb34a562e3fd79182 ・鶴岡一生『まほろば夢譚』 https://fugensha-shop.stores.jp/items/6256974a0d4f3a77e6e2adbe ■写真展概要 深沢次郎写真展「よだか」 2022年4月7日(木)〜4月28日(木) 火〜金 12:00〜19:00 土・日 12:00〜18:00 休廊:月曜日 会場:コミュニケーションギャラリーふげん社 〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12 TEL:03-6264-3665 MAIL:[email protected] 写真展詳細はこちら https://fugensha.jp/events/220407fukasawa/

セール中のアイテム