宮澤賢治『セロ弾きのゴーシュ』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

宮澤賢治『セロ弾きのゴーシュ』

残り1点

¥1,980 税込

¥20,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

セロ弾きのゴーシュ 宮澤賢治 作 小林敏也 絵 ¥1800(税別) 2014.2 30.5×20.7 52P 町の活動写真館でセロを弾くゴーシュはなかまの楽手の中でいちばんへたで、いつも楽長にいじめられていました。 町はずれの川ばたのこわれた水車小屋にひとりですむゴーシュは、帰宅してから一生懸命セロの練習に励みます。そこへ夜ごとに 猫やかっこうや狸や野ねずみの親子がやってきて助けられ、見事うまく弾けるようになって音楽会は大成功します。ゴーシュがソロで弾いたアンコールも大喝采を受けます。 貧しくつつましく暮らすプロのセロ弾きであるゴーシュが、自分の音楽に足りないものを動物たちから教えられるというお話です。 猫からは情熱的に無心に勢いをもって演奏することを、かっこうからはのどから血が出るまで練習することを、狸からはテンポの遅れを、野ねずみからは自分の音楽がだれかの癒しになっていることを気づかされます。 好学社「画本 宮澤賢治」は画家小林敏也が装丁から造本までこだわって賢治の世界を表現する絵本シリーズです。版画による大胆な構図と色彩に目を奪われます。原作を現代仮名遣いに改めてありますが、元の表記も記載することによって原作の味わいを損なうことがありません。幅広年齢層におすすめできる傑作絵本です。このシリーズではほかに「雪わたり」と「雨ニモマケズ」の在庫があります。