石塚公昭「椿説 男の死」展覧会オリジナルB2ポスター(サイン入)
hot
5eb51f3d34ef01117ecfc8ea 5eb51f3d34ef01117ecfc8ea 5eb51f3d34ef01117ecfc8ea

石塚公昭「椿説 男の死」展覧会オリジナルB2ポスター(サイン入)

¥1,650 税込

¥20,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

作家サイン入り サイズ:B2(515 × 728mm) 用紙:キヤノン写真用紙・微粒面光沢 ラスター 出力:imagePROGRAF PRO-4000 2020年5月ふげん社で開催する石塚公昭展「椿説 男の死」のために制作されたオリジナルポスター。 「椿説 男の死」シリーズから作品「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」をあしらっています。 ※石塚公昭展「椿説男の死」オリジナルパンフレットをお付けします。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 市ヶ谷に向かう車中、高速道路を通って神宮外苑附近にさしかかったとき、三島は、「これがヤクザ映画なら、ここで義理と人情の“唐獅子牡丹”といった音楽がかかるのだが、おれたちは意外に明るいなあ」といって歌いだし、全員で合唱した。 三島は死の直前に二人の彫物師にコンタクトを取っている。薔薇十字社の『男の死』の撮影用と思われるが、願望があったことは間違いなく、実際に自身に入れる気でいた可能性は捨てきれない。唐獅子牡丹は彫物師に直接描いてもらった。 (「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」のキャプションより)