超訳 吉田松陰『覚悟の磨き方』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

超訳 吉田松陰『覚悟の磨き方』

残り1点

¥1,650 税込

¥20,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 編訳 池田貴将 ¥1500 サンクチュアリ出版 2013.5 18.8×13.4×2.4 256P 幕末、松下村塾という小さな塾から高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋ら多くの逸材を育て、30歳という若さで逝った天才思想家、吉田松陰のシンプルで力強い教えを心(MIND)、士(LEADER-SHIP)、志(VISION),知(WISDOM)、友(FELLOW)、死(SPIRIT)の6章、176項目に整理して記述。25万部突破の大ベストセラーとなりました。 本の持つ力(知 126項より) どんな本でもいいのです。 本を開いてみれば、その瞬間、人生が変わるかもしれません。 本にはそんな可能性を持った言葉が無数に転がっています。 でも読む人はあまりいません。 読んだとしても、ほとんどの人は 本に書かれている教えを真似ようとしません。 一度、真似してみればいいのにと切実に思います。 ひとつでもいいんです。 実際、真似してみたら驚くことだらけです。 そうしたらこんなこともできるじゃないかと、 他にも試してみたいことがあふれてきて、 そのうち、 「これは一生かかってもやり切れないな」 と気づくことになります。もっと早くやれば良かったと。 ああ、 とにかく、真似してみれば間違いないんです。 これは、 わざわざいうことではないかもしれませんが、 いわずにはいられないのです。