ワコウ・ワークス・オブ・アート企画『増補版 ゲルハルト・リヒター 写真論/絵画論』
5da6e768ff78bd0367cda1ca

ワコウ・ワークス・オブ・アート企画『増補版 ゲルハルト・リヒター 写真論/絵画論』

3,080 JPY

Free Shipping Over 20,000 JPY

About shipping cost

価格:2800円(税別) 出版年:2005年 サイズ:212mm×152mm ページ数:280ページ 出版社:淡交社 本書は1996年刊行の『ゲルハルト・リヒター 写真論/絵画論』に、新たなインタビューや作品図版などを加えた増補版となります。2005年に日本で開催された回顧展にあわせて刊行されました。 現代美術界に多大な影響力を持ち、世界最高峰と評されている画家、ゲルハルト・リヒター。リヒターの作風はフォト・ペインティングから抽象絵画や色パネルなど多岐に渡ります。そして作品には「写真性」と「光」という問題意識が一貫しています。絵画がそれらとどのように関わり合うのか、リヒターの40年分のドキュメントが収められた一冊です。