藤岡亜弥『川はゆく』
5d493f538e6919586fc6677a 5d493f538e6919586fc6677a 5d493f538e6919586fc6677a 5d493f538e6919586fc6677a 5d493f538e6919586fc6677a 5d493f538e6919586fc6677a 5d493f538e6919586fc6677a 5d493f538e6919586fc6677a

藤岡亜弥『川はゆく』

残り1点

¥5,500 税込

送料についてはこちら

出版社:赤々舎 価格:5000円(税別) サイズ:252mm×187mm 出版年:2017年 7本の川が流れるデルタ地帯に原爆を落とされてから70年以上の時が経過した広島。 作者は、その川べりに自ら生活しながら歴史と今、社会と個人の関わりを写真のなかに発見していきます。 写っているのはどちらかと言えば、平和な日常を切り取った何気ないスナップですが、巻末に置かれたエピグラム「川は血のように流れている 血は川のように流れている」が語るように、1945年8月6日、原爆投下そのときに死者たちの血で染まった広島の川の記憶は、ここで暮らす人々の体のなかに深く刻まれています。平和な日常の裂け目から現れくる死者の記憶は、繰り返し現れる折鶴のイメージのなかに、あるいは夏の日の抜けるような青空の眺めに、公園の白塗りのパフォーマーに、カープファンの赤い声援に、川に向かう女の赤いワンピースに表現されています。 本書は、第27回林忠彦賞、第43回木村伊兵衛賞を受賞しました。